G1レース全部徹底解剖

中山大障害予想 2014

例年なら有馬記念の週の土曜に施行されていたが今年から1週早まり3週目での開催。そのため、一つ大きな弊害が生まれている。前哨戦となっているイルミネーションジャンプステークスとの日程が詰まり過ぎているのだ。例年ならそこを叩いてから本番という形が多く、このレースに最も馬券に絡んでいる組だが、今年はただでさえタフな中山コースを使ってからの中1週。更に関西馬は長距離輸送も挟まなければならないため、かなりタイトな日程となっているのだ。そのため、今年イルミネーションジャンプステークスからの参戦馬は関西馬のレッドキングダム1頭のみ。今年は実力を認めてもレッドキンダムは軽視するのが正解だろう。

 大障害コースは1年に2度しか使用されない特殊かつ最も過酷なコースのため、経験がものをいうパターンも多々。近10年ではマルカラスカル、メルシーエイタイム、キングジョイ、マジェスティバイオが複数年で馬券に絡んでいる。さらに、前走で馬券圏外からここで巻き返したタイプ(前走が平地戦を除く)は4頭いるが、昨年の覇者アポロマーべリック(前走は競争中止)を除く3頭は中山大障害を一度経験がある馬という点は見逃せない。もちろん全馬が経験しているわけではなく、残りの中山大障害未経験での好走馬は共通点として前走で3着以内というのがあった。つまり、勢いそのままにここでも好走したタイプであった。

 本命は◎アポロマーベリック。東京ハイジャンプで復帰すると平地戦を叩いてここへ。昨年の中山大障害、春の中山グランドジャンプを制しGIを連勝した頃の勢いは感じられないかもしれないが、同じ中1週でもイルミネーションジャンプステークスではなく平地戦を前哨戦にしたのは大きな布石。今年は勢いではなく緻密に練られた戦略でここだけに焦点を絞り狙ってきた印象だ。状態面もグンと上がってきている様で昨年や今春と同等と考えて問題はない。2走前は久々に加えて1頭だけ63㎏だったなら大きく評価を落とす必要はなく、軸はこの馬から。

 対抗には前走で強敵メイショウブシドウを倒し完全復活を果たした○オースミムーン。スピードタイプで中山コースが鍵だが、だいぶスピード一辺倒ではない競馬も出来るようになっており、競馬の幅も広がっている。一皮剥けた印象の強い今ならこなせても不思議は無い。

 単穴に▲サンレイデューク。こちらは展開が鍵になるが、飛越が高く大障害が合いそうなタイプ。実際、中山の障害オープンで2勝を上げている様にタフなコースでこそ持ち味が生きる。前走は展開が向いたのもあるが、それでも2着だったエーシンホワイティを抑えられたのは能力があるからこそ。

 あとは☆バアゼルリバー△セイエイまで。

過去の提供情報

中山大障害

【質問】レース名からしてスゴそうな印象が……。なんてったって、大障害ですもんね。タフなレースなんだろうなぁと思います。
そうだね。
もともと中山大障害は春と秋(と言っても暮れの12月)の年に2回開催されていたんだけど、
1999年の障害レースのグレード制導入に伴い、春の中山大障害は中山グランドジャンプに名称変更され、
この暮れのレースが唯一の中山大障害になったんだ。
両レースともに障害レース最高峰のJ・G1の格付けがなされた。
イメージ通り、日本で最もタフなレースと言っても過言ではない。
【質問】まずはレースの特徴を教えてください。
最大の特徴は、中山グランドジャンプとこのレースで、年に2回しか使われない襷コース、
通称「大障害コース」を通るところだね。
ここに設置されている「大竹柵」と「大生垣」は、日本の障害レースのなかで最も飛越難易度の高い障害だ。
飛越の上手でない馬はここで落馬してしまうこともしばしばある。
だから、全馬無事に飛越すると、スタンドから拍手と歓声が上がるのが通例になっているね。
【質問】それだけ特徴的なコースということは、スペシャリストが強いんじゃないですか?
うん。
リピーターの多いレースと言えるね。
近年だけを見ても、メルシーエイタイム(2007年1着・2008年2着・2009年2着)、
キングジョイ(2008年1着・2009年1着)、マジェスティバイオ(2011年1着・2012年3着)あたりが
2回以上馬券になっている。
大障害コース未経験の場合は、中山障害コースの実績がほしいところ。
近年の上位好走馬のほとんどは、中山障害コースで連対経験を持っていた。
中山障害コース未経験で好走したのは、マーベラスカイザー(2012年1着)くらいしかいないからね。
この馬は中山で走る機会の少ない関西馬だったし、
このレースまでの障害戦の戦績は【2120】と底を見せていなかった。
まぁ、例外と考えていいだろう。
大障害コース好走歴があるのがベスト。
なくても中山障害コースの連対歴は必要。
そう認識しておくといいと思う。
【質問】王道ステップのようなものはありますか?
けっこうバラバラなんだよね。
いちおう、前哨戦となるイルミネーションジャンプS組が優勢だけど、絶対的と言うほどではない。
メルシーエイタイムのように平地レースを叩いてここに参戦するのがお決まりだった馬もいるし、
臨戦過程で有力馬を絞り込むのは難しいと言わざるを得ないね。
ただ、惨敗からの巻き返しはほとんどなく、連対馬に限って言うと、
ほとんどの馬が前走障害戦3着以内という条件を満たしている。
2009年1着のキングジョイは前走4着だったけど、その前にこのレースの前年覇者だからね。
特別扱いしてもいい存在だった。
このあたりを基準に、取捨を判断するといいんじゃないかな。
【質問】それから、障害と言えば血統、という印象がありますが、このレースも特徴はありますか?
あるね~。
やっぱり、サンデー系が強いなぁ。
近年だけを見ても、マーベラスサンデー、ジェニュイン、ステイゴールド、
フジキセキの
4頭の種牡馬の産駒が3着以内に好走している。
とくにマーベラスサンデーは、キングジョイ、ドングラシアス(2011年3着)マーベラスカイザーと異なる
3頭の馬を出しているからね。
この先もマークが必要だろう。
それから、障害レースでは定番となっているオペラハウス&テイエムオペラオーの父子産駒と、
ロベルト系種牡馬産駒も優秀。
コース実績のある馬や前走着順のいい馬が少ないときは、血統を軸に予想するという作戦もありだろう。
【質問】それ以外に、チェックしておいたほうがいい要素を教えてください。
脚質は気にしたほうがいい。
障害は平地ほど明確に脚質を分類できないけど、それでも前に行くことが多いタイプと、後ろから行くことが多いタイプくらいには分けることができる。
このレースでは断然前者だ。
極限のスタミナ争いになるので、最後の直線では全馬同じ脚色になってしまう。
だから4コーナーで前に付けられることが、上位好走の絶対条件になるんだ。
4コーナーで5番手以内にいないと勝負にならない。
展開予想はそのまま勝ち馬予想につながるので、怠らないようにしたいね。
あと、困ったときは、このレースを得意にしている、横山義、西谷、高田の3騎手を買っておけば、的中の確率を高めることができるだろう。
G1全24レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る