g1レース全部徹底解剖
過去の提供情報

中山大障害予想 2014

例年なら有馬記念の週の土曜に施行されていたが今年から1週早まり3週目での開催。そのため、一つ大きな弊害が生まれている。前哨戦となっているイルミネーションジャンプステークスとの日程が詰まり過ぎているのだ。例年ならそこを叩いてから本番という形が多く、このレースに最も馬券に絡んでいる組だが、今年はただでさえタフな中山コースを使ってからの中1週。更に関西馬は長距離輸送も挟まなければならないため、かなりタイトな日程となっているのだ。そのため、今年イルミネーションジャンプステークスからの参戦馬は関西馬のレッドキングダム1頭のみ。今年は実力を認めてもレッドキンダムは軽視するのが正解だろう。

 大障害コースは1年に2度しか使用されない特殊かつ最も過酷なコースのため、経験がものをいうパターンも多々。近10年ではマルカラスカル、メルシーエイタイム、キングジョイ、マジェスティバイオが複数年で馬券に絡んでいる。さらに、前走で馬券圏外からここで巻き返したタイプ(前走が平地戦を除く)は4頭いるが、昨年の覇者アポロマーべリック(前走は競争中止)を除く3頭は中山大障害を一度経験がある馬という点は見逃せない。もちろん全馬が経験しているわけではなく、残りの中山大障害未経験での好走馬は共通点として前走で3着以内というのがあった。つまり、勢いそのままにここでも好走したタイプであった。

 本命は◎アポロマーベリック。東京ハイジャンプで復帰すると平地戦を叩いてここへ。昨年の中山大障害、春の中山グランドジャンプを制しGIを連勝した頃の勢いは感じられないかもしれないが、同じ中1週でもイルミネーションジャンプステークスではなく平地戦を前哨戦にしたのは大きな布石。今年は勢いではなく緻密に練られた戦略でここだけに焦点を絞り狙ってきた印象だ。状態面もグンと上がってきている様で昨年や今春と同等と考えて問題はない。2走前は久々に加えて1頭だけ63㎏だったなら大きく評価を落とす必要はなく、軸はこの馬から。

 対抗には前走で強敵メイショウブシドウを倒し完全復活を果たした○オースミムーン。スピードタイプで中山コースが鍵だが、だいぶスピード一辺倒ではない競馬も出来るようになっており、競馬の幅も広がっている。一皮剥けた印象の強い今ならこなせても不思議は無い。

 単穴に▲サンレイデューク。こちらは展開が鍵になるが、飛越が高く大障害が合いそうなタイプ。実際、中山の障害オープンで2勝を上げている様にタフなコースでこそ持ち味が生きる。前走は展開が向いたのもあるが、それでも2着だったエーシンホワイティを抑えられたのは能力があるからこそ。

 あとは☆バアゼルリバー△セイエイまで。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る