G1レース全部徹底解剖 過去の提供情報

マイルチャンピオンシップ予想 2016

レースの見どころ
今週の日曜日に京都競馬場で秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップが行われるわ。
 
マイル路線の絶対王者モーリスが香港国際競走へ出走するから、大混戦が予想されるわ!
  
メンバーは豪華!
昨年2着に好走したフィエロや、3着のイスラボニータ、4着のサトノアラジンが今年も出走予定。
 
あとは、前走であのモーリスに勝っているネオリアリズムや、成長著しいヤングマンパワー、ロードクエストといった3歳勢。
 
能力は間違いなくG1級のミッキーアイルなど、骨っぽいメンバーが揃ったわ。

上位人気は割れそうだし、どの馬からでも入れそうな面白いレースになりそうね。
 
今回は荒れる!
確信を持ってこのレースを予想していくわ!

 

それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。
競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
イスラボニータ57.0栗田博憲美浦
ガリバルディ57.0藤原英昭栗東
クラレント57.0橋口慎介栗東
サトノアラジン57.0池江泰寿栗東
サトノルパン57.0村山明栗東
サンライズメジャー57.0浜田多実栗東
スノードラゴン57.0高木登美浦
ダコール57.0中竹和也栗東
ダノンシャーク57.0大久保龍栗東
テイエムタイホー57.0鈴木孝志栗東
ディサイファ57.0小島太美浦
ネオリアリズム57.0堀宣行美浦
フィエロ57.0藤原英昭栗東
ミッキーアイル57.0音無秀孝栗東
ヤングマンパワー57.0手塚貴久美浦
ロードクエスト56.0小島茂之美浦
ロードクエスト56.0小島茂之美浦
ウインプリメーラ55.0大久保龍栗東
マジックタイム55.0中川公成美浦

フルゲートは18頭。
対して外国馬も含めた19頭の登録があるわ。
 
外国馬のスペクトゥルは回避との報道が出ているから、18頭すべてが出走は可能ね。
 
京都のマイル戦は外回りで行われるから、3コーナーから4コーナーにかけての下り坂が最大のポイントよ。

ここを上手くおろして、最後の直線をむかえる事が重要だから騎手の手腕も大事になってくるコースで有名なの。
 
それじゃ、データを分析していくわよ。

以下のデータは、マイルチャンピオンシップ過去10年分のデータになるわ!


最初は、前走クラス別成績
前走クラス別成績
前走クラス

前走が重賞に出走してないと、お話にならない感じだわ。

特に前走がG1に出走している馬の成績が良いわね!
 
ただ、昨年のモーリスのような「前走が春のG1」は例外中の例外。

ここで言う前走のG1とは「天皇賞(秋)」の事と考えてしまって問題ないわ。
 
今年は、前走が「スプリンターズステークス」だった馬が2頭いるけど、過去にこのローテでの好走例は少ないから、果たしてどうかしらね…

【前走G1】
・クラレント
・スノードラゴン
・ミッキーアイル
 
【前走G2】
・サトノアラジン
・サトノルパン
・サンライズメジャー
・ダノンシャーク
・テイエムタイホー
・ディサイファ
・ネオリアリズム
・フィエロ
・マジックタイム
 
【前走G3】
・イスラボニータ
・ガリバルディ
・ダコール
・ヤングマンパワー
・ロードクエスト


次は、前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順

ちょっと面白い感じ。
 
前走2着~5着と、ソコソコ好走している馬たちの本番での成績がさっぱり…

逆に、前走で6着~9着に負けてる馬の本番での巻き返しが異様に目立つのよね。

■前走で2着~5着 → 本番、人気で凡走

■前走で6着~9着 → 本番、低人気で激走

穴党には取っておきの情報、これは覚えておいて損はしないわ!


【前走1着】
・ウインプリメーラ
・サトノアラジン
・ネオリアリズム
・ヤングマンパワー
 
【前走2着~5着】
・イスラボニータ
・ガリバルディ
・サトノルパン
・スノードラゴン
・マジックタイム
・ミッキーアイル

 
【前走6着~9着】
・ダノンシャーク
・ディサイファ
・フィエロ
・ロードクエスト



次は、前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、この勝ち馬は前走で5番人気以内ってことのようね。
 
サダムパテックは、前走10番人気以下でマイルチャンピオンシップを制したけど、休み明けで人気を落としていた部分が強いし例外ね。
 
目立つのは前走で1番人気に支持されていた馬!

夏の休養から復帰して、G1に向けて秋の復帰戦に出走した実績馬が、人気を背負って負けるようなケースが多いのかしらね。
 
ちなみに今年の出走馬で“前走1番人気の馬は2頭だけ”よ!


それじゃ、データをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
前走で重賞に出走が最低条件
 
【前走着順別成績】
前走1着馬が強い、ただ前走6着~9着の馬に要注意
 
【前走人気別成績】
勝つためには前走で5番人気以内が中心

これらのデータと各馬のレース内容をもとに私のオススメ馬を紹介するわ。


注目馬1
フィエロ
【前走:スワンステークス(G29着(1番人気)】
 
前走のスワンステークスは1番人気に支持されるも9着と大敗。

ただ、敗因は休み明けと出遅れと明確!
 
データでも、「クラス別」「着順別」「人気別」と、全てのデータで好走を後押ししているのも好感が持てるわね。
 
全5勝中4勝を挙げているマイルへの距離延長はもちろんプラス。

過去最低レベルに人気を落としそうな今回は狙い目よ!

【マイルチャンピオンシップ('15)】


  注目馬2
イスラボニータ
【前走:富士ステークス(G32着(4番人気)】
 
約2年間、勝利から遠ざかっているけど、重賞で度々好走を繰り返している実力馬。
 
休み明けだった前走の「富士ステークス」でも、最後までしっかりと脚を伸ばしていたように衰えは感じないわね。
 
出遅れさえなければ、今年も好勝負ができるわ!

【富士ステークス】



注目馬3
サトノアラジン
【前走:スワンステークス(G21着(2番人気)】
 
菊花賞以外すべて3番人気以内に指示されているように、人気先行型のイメージが強い馬よね。

ただ、ここにきて充実!人気に能力が追い付いてきた感じだわ。
 
得意ではない休み明けの前走であの豪脚。

状態はさらに上向きで、どんな走りを披露してくれるのか楽しみよ!

【スワンステークス】



注目馬4
ロードクエスト
【前走:富士ステークス(G39着(1番人気)】
 
“前走で1番人気で9着”

フィエロ同様、この馬もデータが好走を後押ししてるわ!
 
前走と違い直前の長距離輸送を避け、栗東のトレセンに滞在しての調整は勝負気配がプンプン漂うわ。

【京成杯オータムハンデ】


モーリス不在で混戦模様
今年も穴馬が好走しそうなマイルチャンピオンシップ
エビコが目をつけた人気薄確実の要注意な馬!


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2016年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

マイルチャンピオンシップ

【質問】マイルチャンピオンシップ。そのものズバリ、マイル路線のチャンピオンを決めるレースですね。
そういう位置付けになっているね。
春の古馬マイル王決定戦が安田記念。
そして秋がこのマイルチャンピオンシップ。
そんな構図だ。
ただし、近年はちょっと事情が変わってきた部分もある。
かつてはニホンピロウィナー、ダイタクヘリオス、タイキシャトル、デュランダル、ダイワメジャーなど、
マイル路線の王者が連覇を達成することも多かったけど、
最近は中距離志向の強い馬の活躍や、このレースだけの一発屋の好走も見られるようになった。
そのあたりの状況も踏まえながら、レースを攻略していこう。
【質問】真っ先に注目すべきポイントはなんでしょう?
まずは臨戦過程を見ていきたい。
過去にこのレースを好走した馬のステップは多岐にわたっていて、王道ローテのようなものは
存在しないんだけど、強いてあげれば天皇賞(秋)組が強いという傾向が見て取れる。
もともとマイル向きの馬が距離短縮で一変というケースと、
中距離向きのタイプながらマイル路線のレベルが低いために通用してしまうケースの2つに分かれるね。
いずれにせよ、天皇賞で5番人気以内→このレースで1番人気というパターンの信頼度は高い。
カンパニー(2009年天皇賞・秋5番人気1着→マイルCS1番人気1着)、
ダイワメジャー(2007年天皇賞・秋3番人気9着→マイルCS1番人気1着、
2006年天皇賞・秋4番人気1着→マイルCS1番人気1着)というように、
完全に必勝パターンになっている。
人気の天皇賞組は、素直に信頼したほうがいいということだ。
【質問】天皇賞組以外は、どのように判断すればいいですか?
前走は重賞であることが必須の条件で、そこで連対していれば期待度はさらにアップする。
3着以下に敗れていた馬の好走例もあるけど、大敗組の大幅な巻き返しはない。
目安はひとケタ着順もしくは着差1秒未満。
加えて、実績十分のG1連対経験馬であることが望ましい。
この状況を満たしていない馬は、相当厳しい戦いを強いられると認識しよう。
ちなみに、2010年には前走条件戦に出走していたゴールスキーが3着に頑張ったけど、
この馬はマイル戦で【3010】と底を見せていなかったうえ、3連勝中と絶好調だった。
重賞実績のない馬を買うのなら、このくらいの強調材料が欲しいところだね。
【質問】大敗から巻き返せるのは、G1実績のある馬くらいということですね。
前走成績にかかわらず、そういった“格”は重要で、重賞勝利歴を持っていない馬はまず通用しない。
2009年に13番人気で2着に激走したマイネルファルケは重賞未勝利馬だったけど、
マイル重賞2着歴かつマイル4勝実績があり、抜群の距離巧者ぶりを示していた。
例外をつくるのは、こういうスペシャリストだと考えるべきだろう。
また、重賞実績同様にマイル実績も大事。
近年、マイル戦未勝利ながら連対したブルーメンブラット(2008年1着)と
ファインモーション(2003年2着)の2頭は、前者がヴィクトリアマイル3着歴を持ち、
後者はG12勝の実力馬でマイル戦は初出走だった。
つまり、まったく手を出せない存在ではなかったということだ。
好走条件を完全に満たしていなくても、“スペシャリスト”と“別格”には常に注意を払いたいね。
【質問】臨戦過程や実績、格以外の面でなにか強調しておきたいことはありますか?
血統だね。
このレースはキレやスタミナよりも、スピードの持続力が求められる展開になることが多く、
主に一本調子のスピード血脈が台頭する傾向にあるんだ。
とりわけノーザンダンサー系が優秀で、
父か母父にノーザンダンサーの血を持つ馬がほぼ毎年馬券になっている。
近年の勝ち馬は、みんなこの系統だ。
サンデー系も堅調だけど、活躍しているのはだいたい母父ノーザンダンサー系というタイプ。
血統で判断する場合、まずはノーザンダンサー系ありき、という見方で臨むのがいいだろう。
【質問】枠順や脚質に特徴は?
枠順に関して、有利不利はとくにない。
脚質は差し・追込馬が断然有利だね。
ダイワメジャーのように、先行押し切りが勝ちパターンの、超の付く実力馬でない限り、
逃げ・先行馬が勝つケースは望めないと考えよう。
前に行った馬は、あっても2・3着。
人気馬も、穴馬も、馬券の中心は差し・追込馬だ。
G1全24レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る