チャンピオンズカップ

中京11Rチャンピオンズカップ(GⅠ・ダート1800m)
◎4 サンビスタ
○13 ホッコータルマエ
▲7 コパノリッキー
△2 サウンドトゥルー
△3 ワンダーアキュート
中京競馬場で秋のダート王決定戦のチャンピオンズカップが行われます。
では、このチャンピオンズカップの枠順を見ていきましょう

__BACHU__

ノンコノユメが最内枠に入りましたね。
これまでは最後方からの競馬をしていますので、この枠は歓迎できる枠ではありません。
従来の戦法を取るなら最後方に下げて外を回すか、内で我慢させて馬群を突くとなるとリスクが高いですね。
しかし、そこはルメール騎手ですので何かしらの考えを持って乗ってくると思います。

コパノリッキーは7番枠と、ちょうど真ん中に入ったのですが奇数番です。
昨年は、大きく出遅れてしまい力を発揮できずに終わってしまいました。
今回はこの奇数番がキーポイントになるでしょう。

ホッコータルマエは13番枠と少し外に行ったかなという印象を受けます。
しかし、大きな癖のある馬でもないですし人気馬たちを見ながら競馬が出来ますので特に割引といった感じはないです。

では、枠順と月曜のデータも含めてチャンピオンズカップの予想を行っていきます。

チャンピオンズカップのデータとなると、まだ1回しか行われていないのでデータは乏しいです。
ですので、中京ダート1800mのこのデータに注目して見ていきます。


1位:シンボリクリスエス(13-10-15)
2位:キングカメハメハ(12-13-13)
3位:マンハッタンカフェ(11-8-4)
3位:ゴールドアリュール(8-8-10)
12位:スペシャルウィーク(6-5-4)
14位:スズカマンボ(4-2-3)
勝利数のトップはシンボリクリスエス、次がキングカメハメハなんですが勝率と連対率を出すと、
シンボリクリスエスが8.7%、15.4%、キングカメハメハが7.9%,16.4%とそこまで高くないです。
一方、数字がいいのがマンハッタンカフェの勝率15.3%、連対率26.4%と高い数字が残っています。


勝星数は多くはないですが、スペシャルウィークは勝率で12.5%、連対率で22.9%と高い数字を残しています。
ただ、ダートの中距離では種牡馬だけで測るのは難しいですね。

では、月曜日のデータも含めて私の予想を行っていきます。

◎・・・・・・・・・・

○ホッコータルマエ

▲コパノリッキー

△サウンドトゥルー

△ワンダーアキュート

としました。
本命馬は後程お話します。

では、まずホッコータルマエから。
昨年のこのレースのチャンピオンです。
前走のJBCクラシックは帝王賞からのぶっつけで間隔が開いたせいか、若干走りが重そうな印象を受けました。
馬体重に変化はなかったのでやはりレース勘の鈍りが大きな原因かなと思います。
ただ、それでも2着は確保したかったですが、サウンドトゥルーに刺されたのはショックでしたね。
6歳になり、多くのレースを走っているので馬体に蓄積されたダメージが現れてもおかしくないですが、
今回は叩き2戦目ですので今回は連覇に向けて抜かりない仕上げにしてくるはずです。

打倒・コパノリッキーに期待です。

次はコパノリッキーです。
今年のフェブラリーステークスを連覇した後に骨折が発覚し休養を余儀なくされました。
骨折明けの日本テレビ盃は、休み明けの58キロが堪えたのか3着に敗れてしまいましたが、連覇を掛けたJBCクラシックは8枠からスタートするも
すんなりハナに立ちマイペースに持ちこみ、ライバルのホッコータルマエを完全に抑え込み2馬身半の完勝で連覇を達成しました。
馬は今がまさにピークと言ったところでしょうか。
すごく充実期に入っていると思われますし、とにかく昨年のような出遅れがなければ好勝負は必須です。

ただ、今回はホッコータルマエのマークがきつくなる分評価を一つ落としました。

次にサウンドトゥルーです。
オープン、G2と連勝して挑んだ前走のJBCクラシックは、中団からレースを進め最後は鋭い脚を見せ2着。
コパノリッキーには2馬身半開けられましたが、その走りからは馬の充実っぷりが伺えます。
今回は2番枠を引き当てたので、やや前目で競馬をするのではないかと思います。
ライバルは、コパノリッキーとホッコータルマエに絞ってレースをするはずですので、ここでもJBCクラシックの再現を期待です。
最後には、坂もありますからそのまま前を差しきるのも可能でしょう。


最後にワンダーアキュートです。
ダート界をなにかと盛り上げているのがこのワンダーアキュートでしょう。
すでに9歳馬ながら、今年のかしわ記念を優勝するなどまだまだ一線級での活躍しているのは大したものです。
この馬に残されたのは中央のG1制覇だけです。
強い馬もいますから一筋縄ではいきませんが、3着争いならできるかもしれません。





登録がまだの方はメールアドレス(フリーメールアドレスで大丈夫です)のみで無料登録頂けると、ねらい目の穴馬を見ることが出来ますよ!
ではズバリ、その穴馬とは・・・

サンビスタ』です。
昨年は、4着と馬券圏内まであと1歩でしたが、最後の脚は目を見張るものがありました。
昨年のチャンピオンズカップ以降、混合のG1では良い結果はでていませんが、前3走に関しては昨年と全く同じローテーションでこちらに挑んできました。
連覇を狙ったJBCレディスクラシックでは、勝ち馬にうまく乗られてしまった印象を受けました。
着差も5馬身と完璧な差をつけられましたが、当日は水が浮くほどの不良馬場と特殊なコンディションではありました。
そう言ったところで、まだ見限るのは早いかなとも思います。
今回は、鞍上にミルコ・デムーロ騎手を配してきましたので要注意は必要でしょう。


と、5頭上げましたが、上位人気馬をどう捉えるかでしょう。
比較的人気馬の好走が目立つレースですが、伏兵の台頭も目立ちます。
そんな、伏兵探しのお役に立てれば幸いです。
G1レース展望
2015年12月6日日曜日に第16回チャンピオンズカップが中京競馬場で行われます。
ジャパンカップのダート版として2000年に創設されたこのレースですが、紆余曲折を経て昨年から中京競馬場のダート1800m戦として行われました。

では、まずこのチャンピオンズカップの登録馬を見てみましょう。

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アウォーディー57.0松永幹夫栗東
イッシンドウタイ57.0伊藤圭三美浦
クリノスターオー57.0高橋義忠栗東
グランドシチー57.0相沢郁美浦
グレープブランデー57.0安田隆行栗東
コパノリッキー57.0村山明栗東
ダノンリバティ56.0音無秀孝栗東
ナムラビクター57.0福島信晴栗東
ニホンピロアワーズ57.0大橋勇樹栗東
ノンコノユメ56.0加藤征弘美浦
ハッピースプリント57.0森下淳平地方
ホッコータルマエ57.0西浦勝一栗東
ローマンレジェンド57.0藤原英昭栗東
ロワジャルダン57.0戸田博文美浦
ワンダーアキュート57.0佐藤正雄栗東
コーリンベリー55.0小野次郎美浦
サンビスタ55.0角居勝彦栗東
ガンピットセン57.0ファウン外国
サウンドトゥルーセン57.0高木登美浦


現段階で19頭登録しており、ダノンリバティまでが出走可能になっています。

東京から阪神に移行した後は外国馬の参戦はほぼ見られませんでしたが、昨年、今年と1頭ではありますが外国馬の参戦があり嬉しい限りです。
正直、阪神に移行した後の6年間は全くの無意味だった気がします。

今のダート界は2頭の絶対的な王者がトップに君臨する構図になっており、今年の注目もその1点になります。
しかし、今回は強力な3歳馬も参戦してきました。

ダート戦国時代の今、2頭の絶対王者なのか、はたまた、新興勢力の台頭か。
非常に興味の尽きないレースになりそうです。

この条件になってからはまだデータが乏しいので、過去のジャパンカップダートのデータも含めて見て行きたいと思います。
東京、阪神、中京開催の10年分のデータになります。


1:人気別成績
1番人気(5-1-2)
2番人気(1-0-1)
3番人気(1-1-1)
4番人気(1-0-0)
5番人気以下(2-8-6)
ここ10年では、勝率、連対率、複勝率で群を抜いているのが1番人気です。
これは、かなり信頼できるデータではないでしょうか。
競馬場、距離、が変わっているにも関わらずここまでの結果が残せるのは支持を受けた馬はそれなりの力を備えている事になります。
勝ち星は4番人気以内の支持を受けた馬が全体の80%ですので、予想を立てる上で無理な穴狙いは避けた方が良さそうです。

2:前走レース別成績です。
JBCクラシック(3-5-4)
武蔵野ステークス(3-2-1)
みやこステークス(2-2-2)
南部杯(1-0-0)
銀蹄ステークス(1-0-0)
やはり、JBCクラシックと武蔵野ステークスのこの2つのレースがチャンピオンズカップの前哨戦としては相性がいいようです。
勝率で言えば武蔵野ステークスの方が良く、連対率、複勝率では圧倒的にJBCクラシックの方が良い数字を残しています。
武蔵野ステークスと同じG3なら、京都のみやこステークスも決して悪い訳ではなく、主にこの3レースを重点的に見た方が良いでしょう。

3:前走着順別成績
1着(5-3-4)
2着(3-2-1)
3着(0-2-5)
4着(1-2-0)
5着以下(1-1-0)※6着から9着まで含む
ここでも顕著な数字が出ていますね。
前走で連に絡んだ馬は、勝率で、連対率、複勝率共に断然の数字を残しています。
一方、4着以下と馬券圏内を外した馬の巻き返しは余程の事が無い限り難しいかもしれません。
前走は3着だったのはホッコータルマエですが、どうなんでしょうか。

4:年齢別成績
3歳(2-1-2)
4歳(2-2-2)
5歳(5-4-1)
6歳(1-2-4)
7歳以上(0-1-1)
さぁ、これまで挙げたデータ同様にここでも飛び抜けた数字が出ていますが、年齢別成績を見ると5歳馬が半分の5勝を挙げており、一方6歳馬は1勝のみとコパノリッキーとホッコータルマエにとっては極端なデータが出ました。
しかし、3歳、4歳も合わせて4勝と6歳以上を狙うなら若い馬を狙っても面白いでしょう。

さて、これらのデータを踏まえた上で私のチャンピオンズカップ予想の注目馬を発表します。
皆さん是非予想に役立てて下さい。

注目馬1:コパノリッキー
ダート界に君臨する2大巨頭の1頭。
昨年のフェブラリーステークスを最低人気で制すると、その評価がウソのように勝ち星を上げ1番人気に支持された昨年のチャンピオンズカップでは、スタートの出遅れが最後まで響き12着でした。
しかし、その後フェブラリーステークスとJBCクラシックを連覇し、特に前走のJBCクラシックはフェブラリーステークス後に発覚した骨折の影響を感じさせない走りで見事連覇達成。
最大のライバルであるホッコータルマエを完璧に抑え込んでの勝利は今回に弾みが付くはずです。

注目馬2:ホッコータルマエ
G1勝利数歴代最多タイの9勝を誇り、2大巨頭の1頭であり、昨年のチャンピオンズカップの覇者であります。
6月に行われたドバイ帰りの帝王賞では、海外帰りの影響も見せずに勝利し、この勝利がG1レース9勝目の勝利となりました。
帝王賞から直で挑んだ前走のJBCクラシックでは、スタート後になぜか外に逃げるように進路を取り、3番手の外を追走していました。
残り600mを過ぎたところで懸命にコパノリッキーを追いかけますが、差を詰める事は出来ずに直線では突き離され、先に仕掛けた分最後は止まってしまいサウンドトゥルーに差され2着と悔しい結果となりました。
しかし、ホッコータルマエは休み明けでしたのでそれを考えれば、今回は叩き2戦目で状態は確実に上向きになってくるはずですので前走のようなことはないと思います。

注目馬3:ノンコノユメ
上記の2大巨頭に挑む筆頭格は、このノンコノユメでしょう。
5月に行われたユニコーンステークスでは、完全に勝ちパターンのノボバカラを後方一気で差し切り勝ち。
その勢いで、ジャパンダートダービーを制し、58㎏で初めての古馬戦の武蔵野ステークスではハナ差ながら、上り3ハロン35.2とダートとは思えないタイムでここでも後方一気が炸裂でした。
確実に、この2頭と戦えるだけの力は持ってますが、前走の反動やスタートなど懸念材料はいくつかあります。
が、それを跳ね除けられるだけの馬だと思いますので、2頭に真っ向から勝負を挑んでもらいたいです。


注目馬4:ワンダーアキュート
今年の5月にかしわ記念を勝ち衰え知らずの9歳馬。
9歳と言えば、ブエナビスタやロジユニヴァースと同い年になります。
この年になって現役で走りG1を勝てると言うのは、肉体的にもスゴイですが精神面もスゴイですね。
このワンダーアキュートの残されたのは中央のG1制覇だけです。
乱戦になればなるほどものを言うのは経験です。
データ的には厳しいですが、古豪の意地に期待です。


ここで是非押さえておきたい、
誰も気が付かなかった注目の穴馬を紹介します。


登録がまだの方はメールアドレス(フリーメールアドレスで大丈夫です)のみで無料登録頂けると、チャンピオンズカップで高配当を叩き出せる狙い目の穴馬を見ることが出来ますよ!
ではズバリ、その穴馬とは・・・



サンビスタ』。
昨年は15番人気と評価されていませんでしたが結果は4着と誰もが驚きました。
ここ3戦、ブリーダーズゴールドクラシック、レディスプレリュード、JBCレディスクラシックと昨年と全く同じローテーションでここに参戦してきました。
前走のJBCレディスクラシックはまさかの2着でしたが、やはりしぶきが上がるほど水を含んだ馬場が原因だったのでしょうか。
しかし、2着は確保し面目は保ちました。
過去10年で馬券に絡んだ牝馬は1頭もいませんし、データ上は非常に弱いですが5歳馬がコパノリッキー以外劣るなら、この辺を攻めてみても面白いでしょう。
しかし、今年のメンバーは上位2頭を除けばそれほど差はないかなと思います。
なので、昨年4着と上位に迫った実績を買ってみたいと思います。

と5頭上げさせて頂きました。
やはり、構図は上位2頭vs他の馬といった感じでしょう。
王者の意地か!?
世代交代か!?
そこを注目していきたいと思います。

詳細の私の予想は週末に発表させて頂きます。
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る