G1レース全部徹底解剖 過去の提供情報

日本ダービー予想 2016



いよいよダービーがやってきたわね。
私は、競馬をやっていてこの1週間は一番ワクワクするのよ。


今年は特にハイレベルと言われていて、私が記憶している中でこんなにもダービー馬候補がいる時代は初めてかもしれないわ。

どの馬が勝っても不思議じゃないし、勝つに相応しいポテンシャルを持った馬が多すぎるの。
嬉しい悩みね!!

まずは登録馬を見てちょうだい。


馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アグネスフォルテ57.0長浜博之栗東
アジュールローズ57.0古賀慎明美浦
イモータル57.0須貝尚介栗東
エアスピネル57.0笹田和秀栗東
サトノダイヤモンド57.0池江泰寿栗東
シャドウアプローチ57.0須貝尚介栗東
ジョルジュサンク57.0鮫島一歩栗東
スマートオーディン57.0松田国英栗東
ディーマジェスティ57.0二ノ宮敬美浦
ブラックスピネル57.0音無秀孝栗東
ブレイブスマッシュ57.0小笠倫弘美浦
プロディガルサン57.0国枝栄美浦
プロフェット57.0池江泰寿栗東
マイネルハニー57.0栗田博憲美浦
マイネルラフレシア57.0高橋裕美浦
マウントロブソン57.0堀宣行美浦
マカヒキ57.0友道康夫栗東
リオンディーズ57.0角居勝彦栗東
レインボーライン57.0浅見秀一栗東
レッドエルディスト57.0笹田和秀栗東
ロードクエスト57.0小島茂之美浦
ロイカバード57.0松永幹夫栗東
ヴァンキッシュラン57.0角居勝彦栗東


う~ん・・・あの馬も、この馬も気になるじゃない。
あ~簡単に絞る事は出来ないわ!

こうなったら、データを使って絞ってみましょう!

まずは、前走レース別成績よ!

前走レース別成績
前走レース

やっぱり皐月賞からの参戦が好成績を収めているわ。

とは言っても、別路線組も馬券に絡んでいるから要注意ね。
青葉賞は勝ち馬こそ出ていないけど複勝率20%は皐月賞の次に高い数字ね。


ダービーで1番人気に推された馬の中で、皐月賞馬の成績は【3-1-1-1】と連対率67%と好成績を挙げているわ。
ディーマジェスティは当日の人気に注目ね。


一方、皐月賞馬以外で1番人気に推されて勝てなかったのは2007年フサイチホウオー(7着)、2012年ワールドエース(4着)とどちらも馬券に絡むことが出来なかったのね。

両馬の共通点は皐月賞で、3位以内の上がりをマークして3着以内に入ったってこと。
ようするに、皐月賞で見せた爆発的な末脚に騙されたって事なのよね。

もちろん私もその一人よ!

ワールドエースには、本気で騙されたのよ・・・。

だから、どうもマカヒキはこのワールドエースと被るのよね・・・。

皐月賞馬のディーマジェスティは当日1番人気に推されれば信頼度が上がるし、マカヒキが1番人気に推されれば危険な人気馬ってことになるわ。

別路線ではスマートオーディンの、京都新聞杯を快勝して毎日杯-京都新聞杯のローテーションは2013年のキズナと同じね。

青葉賞を制したヴァンキッシュランはレース史上2番目に早いタイムで快勝。
どちらも侮るわけにはいかないわ。


次に、前走着順別成績。

前走着順別成績
着順

ダービーで勝ち負けをするなら前走で3着以内は欲しい所ね。

過去10年、皐月賞組以外でダービーを勝ったのが2013年にキズナと2008年のディープスカイの2頭。
キズナは京都新聞杯を1番人気で勝利、ディープスカイはNHKマイルカップを1番人気で勝利とどちらもキッチリ勝って参戦してきているの。

つまり、2007年のウオッカを除く9頭のダービー馬の内、2着・3着から巻き返したのは皐月賞組ってこと。
別路線組は勝っていないと勝ちきるのは厳しいわ。

あっ!?そういえば・・・。

皐月賞2着馬のダービーでの成績は【0-1-1-8】と良くないわ・・・マカヒキ・・・。
大丈夫かしら・・・。

全ての馬に一長一短あるけど、ダービーの注目馬を発表するわ!


注目馬1
ディーマジェスティ
【前走:皐月賞1着(1番人気)】

3強と謳われた皐月賞で後方一気の末脚で快勝し、一躍主役に躍り出たのね。
ハイペースを中団で脚を溜めて、先行勢が止まったところを待ったなしに差しきり勝ち。

最後の脚が去年のドゥラメンテを見ているような脚だったけど、ハイペースがハマったとも言う事も出来るわ。

ただ皐月賞を勝ったのは事実だし、2走前で共同通信杯を勝っているように東京に替わるのも良いし、今回は人気馬としてダービーを迎えられるのは楽しみだわ。


鞍上の蛯名正義騎手にとっては、ダービー初制覇の大チャンスが巡ってきたわね!


注目馬2

マカヒキ
【前走:皐月賞2着(3番人気)】

道中は最後方に位置してリズムを崩さないように川田騎手はレースを進めていたわ。
若駒ステークス、弥生賞で見せたように最後の末脚に懸ける馬で多頭数の中山ではどうかと思っていたけど最後は大外から唯一の33秒台の末脚を発揮。


一見すると1番強い競馬をしたのはこのマカヒキね。

ただ、ディーマジェスティ同様にペースにはまったという事も出来るわ。
皐月賞馬2着馬の成績は良くないけど実績から注目2番手ね。



注目馬3
サトノダイヤモンド
【前走:皐月賞3着(1番人気)】

前走は、2月のきさらぎ賞からの休み明けで馬体重はプラス6キロと少し余裕のある馬体だったわね。
レースは、7番手辺りをキープしてリオンディーズをマーク出来るいいポジションを取れたわ。

絶好の手応えで直線に向いたんだけど、そこからの伸び脚はイマイチだったわね。
勝ったディーマジェスティとは似たようなローテーションにも関わらず3馬身の差を付けられたのは気になるわね。

これまで見せていたパフォーマンスを考えれば少し物足りない感じだったわ。


目標をダービーに置いていたわけだし、状態が上がってくるのは確実。
どれだけ馬が成長しているか気になるけど巻き返しに期待ね。


注目馬4

リオンディーズ
【前走:皐月賞5着(4着入線・2番人気)】

前走は、この馬の悪い癖が出てしまったレースね。
8枠発走で前に壁を作る事が出来ずに2番手からの競馬になってしまったわ。

1000m通過58.4のハイペースに巻き込まれて直線では脚が無くヨレる一面を見せて降着。
ダービーに向けて課題が見えた前走だったわね。


ただ、2戦目で朝日杯フューチュリティーステークスを制したように力は持っているの。
それをコントロールできないのが課題だけど、内枠を引いて前の壁を作れるような展開になれば逆転も可能よ。

それには、朝日杯の再現をすることね!



スマートオーディン
【前走:京都新聞杯1着(1番人気)】

世代で唯一の重賞3勝馬ね。
共同通信杯で6着に負けてから目標をダービーに変えて、毎日杯→京都新聞杯とあっさり重賞連勝。

父はサンデーサイレンス系のダノンシャンティ(父フジキセキ)×母父はアルザオ。
このSS系×アルザオは2005年にダービーを制したディープインパクトと似たような配合で、距離への不安も無いわ。


皐月賞を戦っていないから力関係は未知数な部分はあるけど、血統やこれまでのパフォーマンスからダービーの舞台でも十分戦える下地は出来ているわ。

レース振りもローテーションも2013年にダービーを勝ったキズナを同じだから別路線では最注目馬ね。


5強と言われている今年のダービー。
その馬たちに割って入る馬をエビコが発見!!
全ての牙城を崩すその馬とは・・・。



注意穴馬

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


2016年的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

日本ダービー

【質問】日本ダービーってどんなレースなんですか?
3歳牡馬3冠レースに称される皐月賞→ダービー→菊花賞のうちのひとつで、
4月の皐月賞から約ひと月半後に行われる牡馬クラシック第2戦です(牝馬も出走可能)。
3歳世代のトップクラスが顔を揃えるためメンバーレベルは非常に高く、
過去の勝ち馬たちは名馬中の名馬ばかり。
波乱の余地がかなり少ないG1中のG1と言えるでしょう。東京競馬場の芝2400mで行われます。
【質問】波乱の余地が少ないとのことですが、では手堅く的を絞って的中させるためにはどのあたりに注目すればいいですか?
過去の結果を振り返っても、連対馬のほとんどが皐月賞上位馬か、青葉賞かNHKマイルカップの勝ち馬。
近年で例外だったのは、過去に例のないくらいの不良馬場だった
2009年ロジユニヴァース&リーチザクラウンと、勝ち馬が強すぎたために別の競馬をした馬が粘った
2007年アサクサキングス、2008年スマイルジャックくらい。
まずはこの皐月賞上位馬プラス別路線の勝ち馬2頭で決まると考えてほぼ狂いはないでしょう。
ではその中でどれをピックアップするか…。そこがこのレースで儲けを捻出するポイントになります。
【質問】なるほど。ではどういったところに注意すると更にいいのでしょうか?
まず皐月賞組は、中山適性と東京適性に着目して、より東京向きの馬を選ぶことが重要になってきます。
東京向きの馬が、中山で行われる皐月賞であっさり勝っていたら、
東京で行われるダービーでは更に有利なのは明白ですからね。
中山コースと東京コースはかなり適性が変わってきますから、
案外これが結果に反映することは多いんですよ。
【質問】中山向きと東京向き…。具体的にどんな特徴を見ればいいんですか?
各馬のコース別実績で明らかになっていればわかりやすいですが、キャリアの少ない3歳馬では
そうハッキリと違いも出ていないでしょうから、特徴から推測する作業が必要かも知れませんね。
ざっくりと言ってしまうと、中山の皐月賞で求められる能力は器用さとスピードの持続力、
東京のダービーで求められる能力は瞬発力と底力。言葉で説明しづらい感覚的なモノかも知れませんが、
なんとなくわかりますよね?
【質問】わかりますわかります。大物感というか、マトモに駆けっこしたらこの馬が一番強いってタイプですよね…。
そういう感じです。まぁこのレースはだいたい、ここまでの過程のどこかで圧倒的に強い…
と感じた馬が勝つレースですから。
ただもうひとつ注意して欲しいことがあって、
それが人気馬が崩れる要因でもあるので覚えておくといいでしょう。
【質問】なんでしょうね?教えてください。
それは疲労の蓄積です。特に皐月賞組に多いのですが、
如何にもダービーで期待できそうな走りを皐月賞で見せた馬が、ダービーで成績を落とすシーンに
見覚えがありませんか?敗因の全てがこの疲労とは言いませんが、
強いメンバーと極限の戦いを続けるのはかなりダメージを残すモノ。
ましてまだ体も完成していない3歳馬ですから、毎回ベストパフォーマンスを続けるのは至難の業なのです。
近年は時計の高速化が進み、馬場が硬くなっていますから、脚元への負担も大きくなっているとのこと。
皐月賞が激しいレースになればなるほど、ダービーまでに回復できるかが怪しく、
強いレースをした馬ほどダメージも大きいので、特に皐月賞組は中間の調整過程や
直前の動きをよくチェックすることが大切です。
【質問】なるほど。ではまとめをお願いします。
まず基本的には堅いレースであることをアタマに入れてください。
過去のデータからも、皐月賞上位馬、青葉賞かNHKマイルカップの勝ち馬でほぼ決着しています。
皐月賞組は状態の維持に注意が必要ですが、いい状態を保たれていて、尚且つ東京コースに向きそうな
底力と瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目でしょう。
また、関係者にとっては1着しか意味のないレースですので、各馬勝ちに行く競馬をするレース。
なので1頭が抜けて強い場合には、無欲の人気薄が2着や3着に食い込むパターンもあります。
G1全24レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る