G1レース全部徹底解剖

競馬の中で最も華やかで、最も格式が高く、競馬ファンからの注目度が最も高いレースがG1競走。
競馬に関わる全てのホースマン達の憧れの舞台であるG1は、
勝利する事で騎手はもちろん、そのサラブレッドを育てた厩舎、調教師、調教助手といった関係者は、
高い技術を認められた事になります。

また、G1競走を勝つ事によって得られる賞金は、他の競走と比べて非常に高いため、
馬主含め、サラブレッドに携わる全ての関係者の本気度が高い最も高いレースでもあります。
“富と名声”の両方を手にすることが出来るのがG1競走なのです。

『有馬記念』、『日本ダービー』という名前は、競馬ファンならもちろん、
一般の方々でも耳にした事がある方は多数だと思います。

日本ダービーは最もホースマンの憧れのレースです。
世代最強馬を決める1戦でホースマン達の1年は
「ダービーに始まり。ダービーに終わる」という言葉もあるほど、
全ての競馬にかかわる人達の憧れのレースです。
10万人を超える人々が1箇所に集まり、大声援を贈る!のです。

また既に解散してしまったメジロ牧場のように強い信念を持って「天皇賞の盾」にこだわる生産者もいれば、
いつかは世界で戦える馬を育てたいと言うオーナーブリーダーも増えてきました。

「G1レース」と言えば、一言で済んでしまいますが、
生産者や馬主にとってこれほど重みのある言葉はありません。

1年間で生産されるサラブレッドおよそ7000頭のうち、G1馬になれるのは20頭程度。
中央競馬でデビューできるのが3000頭、その中で勝ち上がれるのが1000頭ですから、
G1馬と言うのはたとえマグレで勝ってしまっても価値があるのです。

今でこそ生産頭数は減っていますが、かつては年間1万頭以上も生産されてきた事を考えれば、
どんな人気薄でG1を勝ったとしても、「運が良かった」の一言では済まされないほど、
G1を勝つと言うことに意味があるのです。

G1全24レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る