血統理論を知る
血統理論を詳しく解説します!

ブラッドスポーツとも呼ばれている競馬において、血統を知る事は馬券の的中率を上げる事でもあり、 その脈々と続いていく血の流れを知る事でより深く競馬のドラマを楽しむ事にも繋がります。
今回は血統がどんな物か、また血統予想をどのように馬券購入に繋げていけば良いかを詳しく解説していきます。

血統の重要性!? 詳しく説明します

血統の重要性

「より速く走れる馬を生産するためにどうしたら良いか」
その疑問に答える一つの鍵が血統になります。
高い競走能力を持つ父、母の能力が遺伝すれば、素晴らしいサラブレッドが産まれるのではないか。
そう考えるのが自然の流れですが、残念ながら単純にはいかないのです。
現役時代は全く活躍できず、出走する事すらままならなかった牝馬が、G1馬を輩出する事は決して珍しい事ではありません。
逆に、現役時代大活躍した牡馬が、種馬としては結果を残せず供用停止(種牡馬を引退し、 別の余生を送る事)になってしまう事も同じように珍しくはありません。

そこで成績の代わりに一つの指針になるものが血統です。
過去、この血統の種牡馬とこの血統の牝馬から生まれた子供が大きな結果を残したから、この配合は成功する可能性が高い。
この仔馬は父系も母系も長距離に強い馬が揃っているからスタミナタイプの競走馬に育つだろう。

そういった予測の元、生産者は自分が交配出来る種牡馬、 牝馬の中から出来るだけ活躍する可能性が高いパターンを血統から見出し、配合していきます。
そして我々ファンも、この馬はダートが初めてだけれど、血統からすると適性があるかもしれないな・・・ と予想に役立てる事も出来るのです。

血統予想の活用方法 各系統・特徴

血統予想の活用方法

「府中に強いトニービン産駒」などの格言に表れるように、血統には傾向があり、 血統を知る事で有利な予想を立てられるケースが多々あります。
出馬表には出走馬の父、母の名前も記載がありますのでここからお目当ての馬の血統を調べ、 その特徴を掴むことで馬券の的中率を高めることが出来ます。
特に系統と呼ばれる大きな活躍をした種牡馬の血統に連なる馬たちは系統特有の傾向があり、 それを知る事で高配当を狙ったり勝率を上げることが出来ます。
それでは各系統がどのような特徴を持っているのか詳しく見ていきましょう。

血統の根幹 基礎知識を予想に活かそう

血統の根幹をなす基礎知識を競馬予想に活かす

サラブレッドの直系父系祖先を遡っていくと、最終的には3頭の馬にたどり着きます。

ダーレーアラビアン
バイアリーターク
ゴドルフィンアラビアン

この三頭の馬を三大始祖と呼びますが、彼らのように非常に優秀な繁殖成績を上げ、 多くの子供たちを残している牡馬が系統と呼ばれており、今現在日本競馬で活躍している競走馬が4つの系統の分かれおり、 それぞれ能力に特徴を持っています。
この系統を掴むことで予想に役立てることが出来るでしょう。

ノーザンダンサー系道悪に強い。短距離~中距離で活躍し、長距離が弱点

ノーザンダンサー系
道悪に強い。短距離~中距離で活躍し、長距離が弱点

日本種牡馬として大活躍をしたノーザンテーストを始め、モガミやメジロライアン、 オペラハウス、マルゼンスキー、ダンシングブレーヴ、ホワイトマズル、フレンチデピュティ、フサイチコンコルドなどがいます。
近年ではクロフネがその代表格と言えるでしょう。

雨や雪など悪天候での荒れた馬場状態を難なくこなす道悪の強さが特徴で、クロフネを始め、ダートでも力を発揮できる馬が多くいます。
長距離は苦手とする馬が多いため、短距離~クラシックまででチェックしたい血統です。

クロフネ産駒の特徴・傾向 ・芝では札幌・函館競馬場で一時は勝率16%という圧倒的な強さを発揮。
苦手な競馬場は新潟・福島
・ダートでは中山、京都、阪神に強く、東京及びローカルの競馬場は不得手
・左回りのコースが苦手
・距離適性は芝の場合1200~1600m、ダートの場合は1200~2000m
・重馬場や稍重は得意としているが、不良馬場は苦手

クロフネ産駒の血統予想必勝法 クロフネ産駒の特徴を活かした馬券購入法は、やはり札幌・函館競馬場出走時。
ここで人気薄であれば高配当が狙える為、確実に押さえておきたいところ。
基本距離が短いところで活躍する産駒が多いため、今までクラシック戦線だったがマイラーに転向などという時も狙い目。

ナスルーラ系高いスピード能力を発揮できる系統

ナスルーラ系
高いスピード能力を発揮できる系統

テスコボーイやトニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスなど日本の種牡馬として大活躍した馬が揃う系統です。
他にもタマモクロスやサクラバクシンオー、近年ではジャングルポケットなどがナスルーラ系を代表する馬になります。

ジャングルポケット産駒の特徴・傾向 ・芝を得意とし、ダートコースは若干勝率が下がる
・得意な競馬場は中山。東京や京都でも好成績。
・距離はクラシックディスタンスが得意、特に2200m以上では勝率9%を誇る。
・芝であれば良馬場程好成績を残す、不良・重馬場は苦手。

ジャングルポケット産駒の血統予想必勝法 ジャングルポケット産駒は上記のような特徴がある為、ダートで連敗して人気を落としたところに芝レース出走 、他の競馬場で勝てず人気を落とした状態で中山出走、2000m以下で負けていたが2200m以上に出走する時など高配当が狙える可能性が高くなります。
このような特徴は確実に把握しておきましょう。

ネイティブダンサー系 ダート巧者が揃う

ネイティブダンサー系
ダート巧者が揃う

ネイティブダンサー系の特徴は何といってもダートの活躍馬が多い事。
並外れたスピードを持ち、高速馬場を得意とするため開幕週の良馬場などは積極的に狙っていきたい系統です。
活躍馬にエルコンドルパサーやアドマイヤムーン、キングカメハメハ、オグリキャップ、キングヘイロー、 キングマンボ、スウィプトオーヴァーボードなどが挙げられます。

キングカメハメハ産駒の特徴・傾向 ・芝・ダート共にこなせる万能タイプ
・得意な競馬場は中山・阪神。
・距離も得意、不得意なく万能。短距離~長距離まで活躍する産駒が出ている。
・スローペースになると勝率が高くなるため逃げ馬がいないレースは狙い目。

キングカメハメハ産駒の血統予想必勝法 キングカメハメハ産駒は距離、馬場共に万能で苦手な条件が無く、リーディング上位にいるのも頷ける結果です。
狙いどころとしてはスローペースになりそうなレースや、あるいは中山・阪神以外の競馬場で勝てずに人気を落としてからの中山・阪神出走になります。

ターントゥ系の特徴

ターントゥ系の特徴

日本で最も隆盛を誇っている系統ですが、その殆どがサンデーサイレンスとブライアンズタイムの子孫たちになります。
日本では親系統であるターントゥ系よりも、その子系統であるサンデーサイレンス系やブライアンズタイム系の特徴を掴むことが回収率UPに繋がるでしょう。

ブライアンズタイム系の代表馬にはナリタブライアン、マヤノトップガン、タニノギムレット、シルクジャスティスなどがいます。
サンデーサイレンス系の代表馬はディープインパクト、スペシャルウィーク、グラスワンダー、ステイゴールド、マンハッタンカフェなどがいます。
サンデーサイレンス産駒の特徴と言えばやはり気性が激しい事。
その激しさがそのまま勝負根性の高さにも繋がっており、短距離から長距離まで多数の活躍馬を輩出しました。
今その血は後継種牡馬達に引き継がれ、それぞれ特徴ある産駒を輩出しています。

ブライアンズタイム産駒の特徴・傾向 ・中距離以上で活躍する産駒が多い
・芝・ダート万能。どちらかと言えばダートで成績を上げる馬が多い
・使われながら調子を上げていくタイプが多く、鉄砲は利かない。

サンデーサイレンス系

サンデーサイレンス系

ディープインパクト産駒の特徴と傾向 ・パワーよりもスピード型の産駒が多い
・東京・京都競馬場に強く、中山・阪神などの急坂を苦手とする。
・短距離の活躍馬は少なく、マイル以上の距離が狙い目
・芝が得意、ダートは不得手。

ディープインパクト産駒の血統予想必勝法 ・中山・阪神での連敗後に東京・京都のレースに出走する場合、高配当を見込める!

ステイゴールド産駒の特徴と傾向 ・パワータイプの種牡馬で、特に芝の不良馬場、重馬場には無類の強さを発揮する。
・晩成タイプの産駒が多く、古馬になってからの活躍に期待が出来る。
・ダートは苦手 稍重も苦手なので注意
・叩き良化タイプ、休み明けは弱い

ステイゴールド産駒の血統予想必勝法 不良馬場、重馬場でのステイゴールド産駒は買い。
稍重でも人気になる事が多いが実は苦手としている為要注意。

ハーツクライ産駒の特徴と傾向 ・雨の重馬場、不良馬場は◎ 加速力が無いため、スピード勝負にならなければ一日の長がある。
・中山競馬場、阪神競馬場が得意なパワー型。
・中・長距離に強い。
・芝・ダート万能タイプ

ハーツクライ産駒の血統予想必勝法 雨が降っている場合特に狙い目になります。
また、サンデーサイレンス系の中では数少ないダートもこなせるタイプなのですがあまり知られておらず、 人気が下がり気味になる傾向が出ているので、ダートレースでも積極的に狙っていきたいですね。

血統予想を取り入れる事で馬券の回収率も上がり、 また応援していた馬の子孫達が脈々とその血を受け継いで活躍する様に感動出来る機会も増えるのではないかと思います。

アドレナリン競馬予想とは 2016年アドレナリン競馬的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る